4.05.2010

ペナン旅行迫る:6年前の肉骨茶@ペナン

非常にわくわくする今日この頃。それもそのはず、金曜日からシンガポールとペナン旅行を控えているからだ。恵比寿の調理長と喰いまくるのである。恵比寿の調理長が入社したての6年前に初めてペナンへスタッフ全員で行った時にたちよった、Super La La Bak Kut Teh。シンガポールのスタイルとは全く違うのである。大きな土鍋肉骨茶を前にみんなで鍋をつつくように食べる、シンガポールの一人一人にバックーテーのスタイルと異なる。

具は豚のリブだけでなく、豚のあらゆるパーツ&ホルモン、豆腐、湯葉、椎茸などを選ぶ事ができる。食材を前にして、あれとこれと指差しながらオーダーをして、それを大きな土鍋に肉骨茶と一緒にいれて、最後にレタスのような葉をドバッと上からかけるのだ。周りであまり定番のお茶を飲んでいる人がいなく、オーダーするのに一苦労だ。ティーではとうぜん通じなく、チャーでも発音が悪いのか通じなく、鐡観音でやっとお店の人が「オーッ」と初めて理解してくれた。ペナンの肉骨茶は(というよりマレーシアのスタイル)シンガポールの肉骨茶になじんでいる私にとっては大きな発見。具沢山のちゃんこのような結構ガッツリな食事だ。 スープもほどよく漢方が効いていておいしい。味はシンプルな潮州ではなく福建スタイルだ。
野菜をオーダーしたら、あの肉骨茶の上にかかっているレタスの葉にポークフロスとオイスターソースがかかったものが出てきた。ポークフロス(肉丝)とは豚と甘いタレでできた綿菓子のような食材だ。

3 件のコメント:

USHIZO C さんのコメント...

こんばんは。はじめまして。

私、新婚旅行で6年前にペナンに行って以来、すっかりハマッてしまって何度も行ってます。
肉骨茶、美味しいですよね!私も大好きです。
あとペナンラクサも大好物です!

今週末からなんですね。
ガッツリ食い倒れしてきてくださいね!

こちらのブログをRSSリーダーに登録させてもらいます。
今後とも宜しくお願いいたします。

それでは、失礼しました。

Shigeki Koshiba 小柴茂樹 さんのコメント...

USHIZO C さん

ペナンは自転車を借りて、体をうごかし、お腹をすかせながら、一日6食に挑戦です。結構、地元の人のフードブログを参照しながらお店選びをしています。

コメントありがとうございます!

小柴

liarra さんのコメント...

こんばんわ。
ポークフロス。タイでもあります。
なんだか、いろいろな料理がいろんな国の料理とかぶっていて、アジアの料理はおもしろいですね。

シンガポールの麺にはいるチリソースもタイの味噌のようなチリソース(ナムプリックパオ)にとても似ているんですよ。

ペナンには行ったことありません。
いつか、機会があったら行ってみたいと思っています。