10.11.2010

Mee Goreng Condiment: Banana Ketchup バナナケチャップ

ミーゴレンはマレー語で「ミー」=麺(福建語の影響)、「ゴレン」=焼、すなわちヤキソバだ。しかし色々なスタイルがあり、これといってピンポイント出来 ないと思う。ただインド系のミーゴレンはママッ(mamak)系という。マレー語で「Mamak」はインド系マレー人のおじさんという意味だ。そのインド 系のミーゴレンにはキャベツ、ジャガイモ、卵、マトンミンチ、ニラ、厚揚げ、もやし、ピーマン、グリンピースが一般的な具だ。独特に真っ赤でこれは、よく フードガイドではスパイスの色と書いているが、スパイスの色でこんな風にはならないので着色料としかいいようがない(タンドールチキンみたいだ)それとケ チャップ。しかし、プテ(putih=白)で頼むと、着色料やケチャップなしで出してもらえる。麺もどちらかというと、フォークとスプーンで食べるので細 かく刻んでいるのが特徴だ。フォークとスプーンだからアメリカ人や日本人のように食べるかというとそうではない。(右利きの人の場合)スプーンは右で、 フォークは左。フォークでスプーンに寄せてスプーンを口に運ぶのだ。いわゆる、スプーンを使って、フォークでクルクルとヌードルを巻くのではない。さて、 このママッ・ミーゴレンの付け合わせにはなぜかキュウリが付いてくるところが多い。そのキュウリにしょうもなくかかっている赤いドロッとしたソース。私はチリソースだ と思っていたが、辛くもなんともない。これは一体?つい最近、これがフィリピンでは定番のバナナケチャップという事が判明した。ケチャップ不足だったころ、考案されたそうだ。今ではフィリピンではハンバーガーやオムレツにかけたりと、ケチャップの役目を果たしている。一体何から出来ているのか?パッケージを見ると:水・砂糖・バナナ・ビネガー・澱粉・塩・スパイス・玉ねぎ・安定剤・ガーリック・着色料。味は?少しパンチの無いケチャップだが、ブラインドで出されたらケチャップと答えてしまう出来映えだ。日本でもフィリピン食材屋で手に入る。ただ、結構日本だと高いのでケチャップでいいのではないだろうか?ちなみに、だれがこれをミーゴレンに合わせようと考えたのだろうか?これだったらシンガポールだからケチャップでもいいのではないか?誰かがはじめて、今では皆が真似をしている。このソース、ミーゴレンのキュウリの上にかける必要があるのか?かかってないと誰か文句を言うのだろうか?ん〜〜必要ない気もする。

2 件のコメント:

rock-h さんのコメント...

いわゆるシェントンウェイ・ミゴレンというものは総じてこのケチャップを使っている様です。厳密に言って同じものなのか違うものなのか気になる。。。。昔シェントンウェイで屋台をやっていたインド人達がクレメンティに行くよう命ぜられたのか、アヤラジャのウェットマーケット側にあるホーカーはシェントンウェイ・ミゴレンだらけです。

Shigeki Koshiba 小柴茂樹 さんのコメント...

rock-hさんコメントありがとうございます。そうですね、恐らく今の金融街になるために撤去作業が行われたのだと判断します。カンポングラム、ウォータールーストリート等にもインド系ミーゴレン屋があります。私はポンゴル風のミーゴレンの方が好みですけど。