9.17.2008

Yong Tau Fu @ The Hakka Yong Tau Fu Home Recipe Stall



シンガポールの西側、ブオナ・ビスタ(Buona Vista)MRT駅の近くにGhim Moh (ギン・モー)Road Market & Cooked Food Centreがある。ここは、周辺の住民が利用する活気のあるフードセンターでそのなかでも客家(Hakka)料理の代表である、ヤンタウフー又はヤントーフー(豆腐)の有名店がある。ヤントーフーのヤンは詰めるという意味だそうだ。魚や豚肉などの練り物を詰めるという事だが、実際いろいろなものに練り物を詰める(オクラ、ニガ瓜、茄子、青唐辛子などそのほか、おでんのようなさつま揚げ・肉団子やはんぺんのような単品もある)。ちなみに、私が実験して作ったヤントーフーもこの店のスタイルを真似してみた。ヤントーフーは日本のおでんに近いものがある。様々な具をチョイスし、揚げてもらい、あっさりとしたチキンスープに入れてライスと一緒に食べるデリケートな料理。ずば抜けた個性はないが、あまり重たいものが食べたくない時はヤントーフーに限る。ここのチリソースは海鮮醤とチリソースのハーフ&ハーフでチリソースに独特のコクをプラスしてくれる。マレーシアにも同じ料理があるが、タイでは、赤みがかったスープが何故か特徴だ(Yen Tao Fo)。ちなみに、人口の77%にもなるシンガポールチャイニーズの客家チャイニーズの人口は7%程で福建・潮州と比べて低い。あのリー・クアン・ユーも実はシンガポール客家人だ。

2 件のコメント:

Dolph さんのコメント...

I happened to find your blog while searching Yong Tau Fu to write in my blog.
I love Singapore food too^^

Shigeki Koshiba 小柴茂樹 さんのコメント...

Hi Dolph,

I went to Singapore for the 1st time back in 1977. Love the food for over 3 decades.